栃木乳業(監修) <変わり種プリン>

関東・栃木 レモン牛乳の関連商品、レモンプリンをレビュー。食べてみた感想は…懐かしいレモン風味が味わえる♪

投稿日:

こんにちは。

プリン大好き、あやぞぅです。

 

今回ご紹介するのは、こちら。

関東・栃木 レモンプリンです。

レモン牛乳は栃木のご当地ドリンク。

聞いたことある!見たことある!という人も多いのではないでしょうか?

私もレモン牛乳を飲んだことはありませんが、見たことはある~という感じです。

ですが、そのレモン牛乳をプリンにしたものというのは、初めて見ました。

プリンブログを書いている者としては、気になる気になる…

という訳で、好奇心に負けて買っちゃいました。

早速レビューしてみたいと思います。

 

 

<スポンサーリンク>



 

基本情報

販売元:株式会社イルドリシェス(HP

監修:栃木乳業株式会社(HP

内容量:125g×2個

カロリー:記載なし

原材料名:砂糖混合ブドウ糖果糖液糖、油脂加工品(植物性油脂、乳蛋白)、乳飲料/糊料(増粘多糖類)、グリシン、香料、乳化剤、着色料(紅花黄色素、紅麹)、pH調整剤、調味料(無機塩)、リン酸塩(Na)、酸化防止剤(V.E)

アレルギー関連物質:乳成分、大豆

価格:562円(税込)

参考URL:なし(HP等に記載なしのため)

 

※レモンプリンは、レモン牛乳の販売元である栃木乳業株式会社監修のもと作られた商品ですが、栃木乳業のHP上にも、イルドリシェスのHP上にも、レモンプリンに関する商品情報等はありませんでした。

 

関東・栃木 レモン牛乳とは?

冒頭にも書きましたが、このレモンプリンは、関東・栃木 レモン牛乳の関連商品となっています。

レモン牛乳を販売している、栃木乳業株式会社が監修している商品となっていて、全体の3%にレモン牛乳が使われているプリンだそう。

 

そもそも関東・栃木レモン牛乳とは、どんなものなのでしょうか?

栃木乳業  関東・栃木レモン 200ml 30本 要冷蔵

新品価格
¥4,200から
(2018/6/4 09:26時点)

 

栃木乳業のHPによると…

・戦後まもなく誕生したレモン風味の乳飲料

・宇都宮市にある関東牛乳という会社から「関東レモン牛乳」という名前で販売されていた。

・給食などで出ることもあり、栃木県民に長く愛されてきたソウルドリンク

・平成16年に関東牛乳が廃業し、一度はなくなってしまうが、翌年、栃木乳業が受け継ぎ、復活。

・栃木県産の生乳に、砂糖やレモン香料などを加えた飲料。

・牛乳にレモン果汁を加えると、酸で固まってしまうため、レモン果汁は入っていない。

 

詳しくは、栃木乳業HPのレモン牛乳物語というページも見て下さい。

レモン牛乳物語‐栃木乳業株式会社

 

レモン牛乳は、ちょっと昔懐かしい味がするんだそうです。

いろいろ調べていたら、レモン牛乳自体も飲みたくなってきちゃいました♪

 

レモン牛乳に関しては、今回私が購入したレモンプリン以外にもカップアイスやクッキー、まんじゅうなど、さまざまな商品があるようです。

フタバ食品 レモン牛乳カップ 24入

新品価格
¥3,880から
(2018/6/4 09:30時点)

 

 

(さまざまな会社が、栃木乳業とコラボレーションして商品を出しているようです)

 

栃木土産としても人気のようですね。

 

ちなみに、私も、埼玉県の高速道路のサービスエリアの売店で、このレモンプリンをゲットしました。

栃木県ではなかったのですが…

栃木にも比較的近い場所にあるサービスエリアだったので、売られていたんだと思われます。

また、レモンプリン以外にも、レモン牛乳クッキーやレモン牛乳アイスも置いてありました。

栃木県のお土産が置いてあるような場所にはあるのではないかなと思います。

 

レモン牛乳みたいなかわいいパッケージ。常温OKなのでお土産にもイイ!

レモンプリンは、こんなパッケージに入っています。

正面から見ても横から見ても、かわいい。

レモンのイラストがレトロで良いですよね~

 

2個入りで売られています。

 

ちなみに、このレモンプリンは常温で持ち帰りすることが可能です。

常温でOKだと、お土産にもしやすいので良いですよね。

常温で食べても大丈夫みたいですが、パッケージにも書いてある通り、食べる時は冷やした方が美味しいと思います。

 

<スポンサーリンク>



さっぱりしていてちょっと懐かしいレモン風味&ババロアっぽい。

関東・栃木 レモンプリンは、パッケージをさらに開けると、こんな感じです。

外のパッケージはレモン牛乳にそっくりでかわいいですが、中はかなりシンプルです。

また、プリン自体もかなりシンプル。

ソースが入っていたり、途中で味が変わったりはしないので…

 

上のビニール部分を外すと、こんな感じです。

プルンしていて、結構柔らかい印象。

写真だとちょっと白っぽいですが、実物はもう少し黄色いかな?という感じです。

とはいえ、薄い黄色という感じですけどね。

 

一口すくって食べてみると…

ほんのりレモンの味がする~という感じです。

味が薄いという訳ではないのですが、甘さも少なく、かなりさっぱりとした印象。

食感と味を総合して考えると、プリンというよりも、ババロアみたいな雰囲気です。

 

また、どこか懐かしい味だなーという風にも思いました。

レモン牛乳自体が懐かしい味がするみたいですもんね。

なんとなく、駄菓子屋さんを思い出すな…と思いました。

レモン味の駄菓子を連想させるレモン風味という感じもします。

 

正直…すっごく美味しいという訳ではないですね(笑)

まずい訳ではないのですが。

レモン牛乳を飲んだことないのでわからないのですが、レモン牛乳を飲んだことのある人だったら、レモン牛乳がそのまんまプリンになった感じ!とか、そういった感想もあるのかもしれません。

 

 

なんとなくやってみたかったので、2口くらい食べたところで、お皿にうつしてみました。

お皿にうつしてみた写真。

かなりプルプルだったので、ひっくり返したら、簡単にお皿に乗りました。

こっちの方が見た目美味しそうかも~

 

本当にかなりプルプルでした。

お皿を揺らすと、プルンプルンと揺れるような感じ。

柔らかめのお豆腐みたいな雰囲気でした。

 

まとめ

以上、関東・栃木レモン牛乳 の レモンプリンのレビューでした。

 

すごく美味しい訳ではないですが、面白いプリンだなーと思いました。

かなりさっぱりとしていて食べやすい、ババロア風プリン。

また、懐かしい気持ちになる味だなーとも思いました。

 

気になる方は是非食べてみて頂ければと思います。

ごちそうさまでしたー^^

 

 

<スポンサーリンク>



-栃木乳業(監修), <変わり種プリン>
-, , ,

Copyright© ひたすらプリンレビュー。 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.