WA・BI・SA <変わり種プリン>

WA・BI・SAの手だてぷりん(和三盆)をレビュー。食べてみた感想は…美味しい泡の乗ったやさしい味のプリン。

投稿日:

こんにちは。

プリン大好き、あやぞぅです。

 

今回ご紹介するのはこちら。

WA・BI・SA手だてぷりん です。

 このプリン、前々からデパ地下で見かけて気になってたのですが、ついに買っちゃった。

とりあえず、二種類~

左が和三盆で、右が抹茶です。

 

で、今回はまずはスタンダードな方、左の 手だてぷりん 和三盆 のレビューからいってみたいと思います。

和三盆を使ったプリンは何回か食べたことがありますが~…

手だてっていうのもまた気になるところ。

では、早速いってみましょう♪

 

<スポンサーリンク>



 

基本情報

販売元:株式会社ヨックモック(WA・BI・SAのHP)(ヨックモックHP

内容量:90g

カロリー:記載なし

原材料名:牛乳、砂糖(グラニュ糖、和三盆)、卵、生クリーム、寒天加工品、食塩、トレハロース、ゼラチン、安定剤(加工澱粉)

価格:300円(税抜)

参考URL:https://www.yokumoku.co.jp/wabisa/

 

WA・BI・SAは、ヨックモックのブランド!

このWA・BI・SAというお店は、洋菓子の有名店、ヨックモックブランドのお店だそうです。

ヨックモック公式通販サイト

ヨックモックと言えば、シガールなんかが有名ですよね。

 

WA・BI・SAのコンセプトは、

和の雰囲気を感じさせる美しい洋菓子

(引用元:https://www.yokumoku.co.jp/wabisa/

だそうです。

なるほど~、だから、プリンも和三盆だったり、抹茶だったり、和テイストなんですね。

 

WA・BI・SAには、今回レビューするプリンの他に、チョコやクッキー、フィナンシェなどもあります。

また、『冷たいデザート』としては、プリンの他にも秋冬限定の『とろっとモンブラン』などといった商品も。

(出展:https://www.yokumoku.co.jp/wabisa/

モンブランもかなり美味しそうですよね!

 

ちなみに、WABISAの商品はヨックモックと同様にオンラインショップで買うことが出来ますが

WA・BI・SAオンラインショップ

このプリンに関してはオンラインショップで購入することは出来ません。

2019年2月現在では、渋谷ヒカリエ、ルミネ立川、アトレ吉祥寺、ルミネ荻窪、ラゾーナ川崎の4店舗でのみの販売となっています。

 

高級な砂糖・和三盆使用&和三盆の泡が乗った新しいプリン!

手だてぷりん 和三盆 は、その名の通り、高級な砂糖として有名な和三盆が使用されています。

 

そもそも和三盆とは…

主に香川県や徳島県などの四国地方東部で生産されている砂糖です。

和三盆の原料となる植物は竹糖と呼ばれる種類のサトウキビ。

これは、上白糖、三温糖、黒砂糖などの原料となる熱帯地方のサトウキビとは別の種類で、四国地方に古くから存在する種類のものです。

 

黒砂糖をまろやかにしたような独特の風味とくちどけの良さが特徴的であると言われています。

また、近年では和菓子などに使用されることも多く、名前を聞いたことがある人も多いのではないかなと思います。

 

私自身も和三盆を使った洋菓子や和菓子を食べたことはありますし、和三盆を使ったプリンについても何回かレビューしています。

ロピアのプレミアムプリン大山牧場の和三盆プリンなど)

プリンは洋菓子ですけど、これがなかなか合うんですよね~♪

だからこのプリンも期待出来そうな気がします!

 

しかも、このプリンのすごいところは和三盆を使っているというところだけではありません。

それは…泡が乗ってるプリンだということ。

 

店頭にははこんな感じで並べられていましたが…

説明書きに寄ってみると

和三盆の泡+和三盆糖プリン+キャラメルゼリーで構成されているプリンなんですよね。

泡乗ってるプリンって面白い!

しかも、その泡にまで和三盆が使われているとは~

 

他にはなかなかないプリンだと思います。

楽しみです^^

 

<スポンサーリンク>



泡+プリン+キャラメルゼリーの三層のバランスが絶妙。やさしい甘さの和三盆も良い感じ。

WA・BI・SAのプリンは、こんな容器に入っています。

どことなく湯飲みみたいなイメージ?

このあたりも和を意識してなのかな~とか思いつつ…

 

蓋を開けると、こんな感じです。

ふんわりとした泡が!

すごいですね。

泡って普通は少ししたら消えちゃうイメージないですか?

それがこんな風にしっかり残っているなんて…

しかも、この泡がものすごく美味しそうです。

ちょっとメレンゲみたいだなって思いました。(実際メレンゲだったりするのかもしれませんが)

 

 

一口すくって食べてみると…

和三盆の泡…すごく美味しいです(><)

和三盆特有のほんのりとした甘さが特徴的で…

それにしても、美味しい泡って衝撃ですよね(笑)

 

 

プリン部分は、結構さっぱりとした印象。

固めで、ほんの少しだけたまご感もあるような…

こちらも甘さはそこまで強くなく、和三盆特有の自然な甘さという感じですね。

でも、泡+プリンだけで食べても物足りなさはないです。

上質な素材を使ってるからかな?

上品な味のプリン~という感じです。

 

 

少し食べ進むと、キャラメルゼリーが。

キャラメルソースとかカラメルソースではなくて、キャラメルゼリーというところが面白いですよね。

キャラメル色に透き通っていて、見た目も、なかなか他にはない感じ。

 

キャラメルゼリーだけ食べてみると…見た目同様、これは意外と食べたことない味かも~と思いました。

キャラメルゼリーと言っても、それ単体で食べることを考えられているゼリーという感じではなくて、砂糖を煮詰めたものをゼリー状に固めたものという感じでしたね。

 

 

三層を合わせて食べてみると…

…ナニコレ!すごい美味しい!

三層合わせて食べるのが大正解、三層一緒に食べることが考えられてのバランスなんだろうだなーと思いました。

キャラメルがかなり良いアクセントになっているし、三層全部食感が違ってて、それが口の中で広がって…みたいな。

ちょっと感動するレベルの美味しさでした。

私はこのプリンかなり好きだなーと思いました。

 

まとめ

以上、WA・BI・SAの 手だてぷりん 和三盆 のレビューでした。

とりあえず、泡が美味しいというのが衝撃的でした(笑)

あとは、三層のハーモニーが本当に絶妙で美味しかったです。

それぞれ違う味わいが楽しめるってなんかお得感もありますしね。

気になる方は是非一度食べてみて頂ければと思います。

次は抹茶をレビューしたいと思います!

 

ごちそうさまでしたーー^^

 

 

<スポンサーリンク>



-WA・BI・SA, <変わり種プリン>
-

Copyright© ひたすらプリンレビュー。 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.